• 速報ニュース一覧
  • FBCの無料公開記事一覧
  • ドイツ経済ニュース | 09/11号
  • 自動車産業ニュース | 09/06号
  • 東欧経済ニュース | 09/11号
  • 欧州経済ニュース | 09/09号
  • 会社案内
  • 事業内容
ドイツ経済ニュース

メルケル首相が12回目の訪中、香港問題で中国政府をけん制

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は6日から2日間の日程で中国を訪問した。12回目となった今回は、米国と中国の通商摩擦や中国が導入を計画する「社会信用システム」、欧州連合(EU)と中国の通商問題など重要なテーマが並んだものの、最大の注目を集めたのは中国の影響の強まりに反発する香港の抗議デモをめぐる両国首脳のやり取りだ。メルケル首相は同デモの開始後に訪中した欧米諸国初の首脳としてこの問題を取り上げ、中国政府をけん制した。

同首相は中国の李克強首相との会見後の共同記者会見で、1997年の中国返還から50年間保障されている香港の権利と自由は守られなければならないと述べ、今回のデモのきっかけとなった「逃亡犯条例」を香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が4日に正式撤回したことを、「正しい一歩だ」と評価。同長官が予告した一般住民との対話に抗議活動の参加者も加えることを希望すると述べた。また、暴力は回避されなければならないと述べ、中国の軍事介入をけん制した。

軍事介入の可能性を記者団から質問された李首相は「法に基づいて暴力と混乱を終息させる香港行政府を支援する」として、明確な回答を避けたものの、「中国人民はわが国の事柄を管理する能力と知恵を持っている」とも述べ、軍事介入は見合わせる可能性が高いことを匂わせた。

香港問題にはドイツの経済界も懸念のまなざしを向けている。独企業700社以上が拠点を構えているためだ。ドイツ経済界アジア太平洋委員会(APA)のジョー・ケーザー委員長(シーメンス社長)は「一国二制度合意を維持し、これにいかなる変更も加える計画がないことを明確に示す」よう中国側に伝えたことを明らかにした。

林鄭長官は逃亡条例の正式撤回をメルケル首相の訪中直前に表明した。これは香港問題が首脳会談の大きなテーマとなることを見据え、中国側が事前に譲歩の姿勢を示したものと受け止められている。

政府の意向を受けた中国のメディアは香港デモの活動家をテロリスト扱いしてきた。逃亡条例撤回はその「テロリスト」に中国政府が一歩譲った格好になることから、中国メディアはほとんど報道していない。香港デモ問題に中国首脳として初めて言及した李首相の発言も同様の取り扱いであり、中国側が神経質になっていることがうかがわれる。

『フランクフルター・アルゲマイネ』紙によると、中国側は北京の人民大会堂で開催された共同記者会見にドイツを含む国外メディアの特派員が参加することを当初、認めなかった。会場が狭いためというのが表向きの理由だが、人民大会堂のスペース不足はあり得ないことから、国外メディアの報道内容が自国民に伝わることを警戒したためとみられる。

香港デモの中心的な人物である黄之鋒氏はメルケル訪中の直前に公開文書を出し、デモ参加者側につくよう同首相に要請した。メルケル首相はこれに従わず、中国のメンツを立てながら婉曲的に自制を促すにとどめた。黄氏は9日、訪問先のベルリンで「メルケル首相はもっと明確に意見を述べ、(香港の)自由選挙を支持すべきだった」と述べ、失望を表明したものの、メルケル首相は外交の枠内で打つべき手は打ったというのが実情だ。

「社会信用システム」を経済界が懸念

首脳会談では米中の通商摩擦も大きな議題となった。ドイツ企業は貿易、直接投資などの形で両国に深く関与しており、関税報復合戦のしわ寄せを強く受けているためだ。メルケル首相は速やかな解決を要請した。

独経済界は現在、米国による中国経済の分断(デカップリング)を最も懸念している。これが現実になると、両国で活動する企業はそれぞれの国の規格に見合った製品を開発・生産しなければならなくなるためで、APAのケーザー委員長は「ドイツ企業は両国での現地生産を強化せざるを得なくなる」と指摘。その結果、ドイツ国内で失業者が増えるなどの問題が出てくるとの見方を示した。

中国政府は現実やインターネットでの市民の動きを監視したうえで、一人ひとりを数値で評価する「社会信用システム」の導入を準備している。当初は個人を対象にしたものとみられていたが、ここにきて企業も対象となることが明らかになっている。これを受けて、企業秘密が当局に筒抜けになったり、恣意的な運用で外資が不利な取り扱いを受けるとの懸念が浮上。メルケル首相は今回、この問題を取り上げた。

これに対し李首相は、公正な競争環境の整備が企業評価の狙いだと強調。当局による包括的な質問によって企業の秘密データが流出することもないと請け合った。

中国は自国企業に対する補助金や外国企業に対する技術移転の強要、入札からの実質的な外資排除など市場をゆがめる政策を行っている。その一方で、中国企業による欧州での企業買収やインフラ投資が加速していることから、欧州では産業競争、安全保障上の懸念が浮上している。この問題を解決するために欧州連合(EU)と中国は投資協定締結に向けて協議を進めており、4月には20年までに同協定を締結する方針で合意した。メルケル首相はこれを念頭に、ドイツがEUの議長国を務める20年下半期の締結に意欲を示した。