欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2019/11/6

総合 - ドイツ経済ニュース

欧州クラウド構想を独政府が発表、データ主権重視などで米IT大手に対抗

この記事の要約

欧州企業がクラウドサービスでアマゾンなどの米国のIT大手に依存せざるを得ない状況を改め、データを安全に相互活用できるエコシステムを構築するとともに、ビッグデータの利用を通して人工知能(AI)の開発に弾みをつける狙いだ。

データ主権を保護する一方で、データを匿名化して相互融通するのもガイアXの特徴だ。

欧州域外の企業であってもデータ主権とデータの相互融通という趣旨に賛同すればガイアXに参加できる。

ドイツ政府は10月29日、独自に練り上げたクラウド構想「ガイアX」を発表した。欧州企業がクラウドサービスでアマゾンなど米国のIT大手に強く依存せざるを得ない状況を改め、データを安心して相互活用で...