欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2019/11/20

総合 - ドイツ経済ニュース

テスラが欧州生産拠点を独に選定、サプライヤーは受注を期待

この記事の要約

電気自動車(EV)大手の米テスラは12日、ドイツのベルリンに工場を開設すると発表した。

バッテリーやパワートレインも生産する。

マスクCEOは欧州での生産拠点開設を表明していたが、これまで建設地は明らかにしていなかった。

電気自動車(EV)大手の米テスラは12日、ベルリン近郊に工場を建設する計画を発表した。独自動車メーカーも電動車の生産を今後、本格化することから、車載電池や電動パワートレインなど電動車部品の生産も加速する見通し。電池材料工場を同国に設置する動きも出ており、ドイツが電動車の主要な産業立地へと発展する兆しがにわかに強まってきた。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は同日ベルリンで開催されたイベントで、同市近郊に工場を開設することを明らかにした。同社にとって欧州初の生産拠点となる。

メディア報道によると、ブランデンブルク州グリュンハイデに工場を建設する。来春にも着工し、2021年末から生産を開始。第一弾として主力小型車「モデル3」をベースに開発しているクロスオーバーSUV「モデルY」を生産する予定だ。電池やパワートレインも生産する。このほか設計・開発拠点もベルリンに開設するという。

独拠点の建設は段階的に進めるもようで、まずは従業員3,000人を雇用。最終的に最大8,000人へと引き上げる。

投資総額は最高で40億ユーロに達するという。ペーター・アルトマイヤー独経済相によると、テスラは政府や自治体との間で補助金獲得に向けた交渉を始めていない。日曜版『ビルト』紙は約3億ユーロの助成を見込めると報じた。

テスラは海外で中国・上海のEV工場が稼働したばかり。マスクCEOは欧州での生産拠点開設を表明していたが、これまで建設地は明らかにしていなかった。

ブランデンブルク州のディートマール・ヴォイトケ州首相はテスラが同州に白羽の矢を立てた理由として、十分な規模の用地があるうえ、再生可能エネルギー電力が安定的に確保できることを挙げた。このほか、◇グリュンハイデは来秋に開港予定のベルリン・ブランデンブルク空港(BER)に近く、米国からの出張に便利◇ベルリンは起業が盛んなことからIT人材を確保しやすい◇独北部には自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の本社所在地ヴォルフスブルクを中心とするサプライヤー網が形成されており部品を調達しやすい――との事情も大きいとみられる。

テスラの進出を自動車業界は歓迎している。独自動車工業会(VDA)のベルント・マッテス会長は「Eモビリティーの追い風になる」と明言した。

特にサプライヤーは大きな期待をかけている。シャシーやパワートレイン向けの部品を供給できると見込んでいるためだ。独ボッシュはベルリンで操舵システムなど各種の部品を生産。ZFフリードリヒスハーフは同市に3工場を持つ。

独政府のシュテフェン・ザイベルト報道官はテスラの今回の決定について、ドイツの技術革新力を高く評価してのことだとの見方を示した。

政府は09年、電動車の分野で世界の主導権を握るために、20年までに100万台を普及させるという目標を打ち出した。普及を後押しするために、16年には電動車の購入助成金制度を導入したものの、電動車の国内登録残数は現在、22万台にとどまる(8月末時点)。

そうしたなかでテスラが進出を決めたことから、アルトマイヤー経済相は、電動車の促進戦略が奏功したと強調。ドイツには車載電池製造の国際的な中心地となるチャンスがあるとの見方を示した。

AMGは車載電池向け材料工場建設へ

一方、特殊金属大手の蘭AMGアドバンスド・メタラジカル・グループは14日、水酸化リチウムの精製施設を独東部のツァイツに建設すると発表した。車載電池向けに純度の高い製品を製造する。ドイツでは自動車メーカーが電動車の生産を今後、本格化することから、需要を取り込む意向だ。

ツァイツ精製所を2~3年後に開設する。現在は基本設計段階にある。独子会社AMGリチウムは同精製所の建設に向けてこのほど、フランクフルトのヘキスト地区に水酸化リチウムと電池材料の研究施設を開設した。ツァイツ精製所とヘキストの研究施設の投資額は計5,000万~6,000万ドルに上る見通し。

ツァイツ精製所の生産能力は明らかにされていない。業界関係者は電動車専門サイト「エレクトライブ・ネット」に、車載電池市場規模が世界で最も大きい中国の工場に比べると小さいとの見方を示した。

ドイツでは中国の車載電池大手、寧徳時代新能源科技(CATL)がエアフルトに年産能力14ギガワット時(GWh)のリチウムイオン電池セル工場を建設中。高級車大手のBMWに製品を供給することが決まっている。

VWはスウェーデンの電池スタートアップ企業ノースボルトと共同で独北部のザルツギターに年産能力16GWhのセル工場を建設し、2023年末~24年初頭に操業を開始する。

仏自動車大手PSAと独子会社オペル、エネルギー大手の仏トタル、およびトタルの電池子会社サフトからなる企業連合は独仏政府の支援を受けて両国にセル工場を設置する計画だ。公的支援を受けてセル工場を建設する動きはこのほかにもあり、欧州の車載電池市場は今後の成長が確実視されている。