BASF―タイに自動車塗料工場開設―

2017/12/20発行 No.1168号

記事分類:企業情報

化学大手の独BASF(ルートヴィヒスハーフェン)は13日、タイのバンプーに自動車用塗料の新工場を開設したと発表した。ASEAN(東南アジア諸国連合)の自動車需要拡大を受けた措置で、2015年9月バンコクに開設した開発センターと密接に連携。顧客ニーズにきめ細かく対応していく考えだ。

水性ベースと溶剤ベースの塗料を生産する。生産能力は明らかにしていない。

ASEANの乗用車生産台数は今年390万台に達する見通し。タイは特に生産が盛んで、ASEAN車塗料市場のシェアは50%を超える。

この記事の週(2017/12/20)のヘッドラインへ戻る

この記事の週(2017/12/20)の記事一覧

その他ニューズレターの最新号を読む