2012/5/18

企業情報 - 部品メーカー

ヴァレオ、スマート照明と車線逸脱警報システムがルノーで採用

この記事の要約

仏自動車部品大手ヴァレオは9日、同社が開発したスマートヘッドランプシステム「BeamAtic」と車線逸脱警報システム「LaneVue」が、ルノーの「セニック」シリーズと、「メガーヌ」シリーズに採用されたと発表した。\ ヴ […]

仏自動車部品大手ヴァレオは9日、同社が開発したスマートヘッドランプシステム「BeamAtic」と車線逸脱警報システム「LaneVue」が、ルノーの「セニック」シリーズと、「メガーヌ」シリーズに採用されたと発表した。

\

ヴァレオによると、2つのアプリケーションはフロントガラスとバックミラーの間に設置された多機能カメラに搭載されている。BeamAticは、対向車・先行車の状況に応じてヘッドランプの照射範囲を連続的に調整し、他のドライバーを幻惑することなくハイビームを点灯し続けることを可能にするヘッドランプシステム。車載カメラの映像を独自の画像処理ソフトウェアで分析し、対向車・先行車を検知・追跡。ランプユニットに装着された可動式シールドが、対向車に向かって照射される領域の光を遮る。

\

LaneVueは、車載カメラが高速道路やさまざまな種類の道路の車線分離線を検知。運転者が方向指示器を使わずに車線変更を意図した際に、車線からの逸脱を音声、または視覚に訴えて運転者に警告する。

\