2012/9/7

総合 – 自動車産業ニュース

ドイツ乗用車新車登録、8月は4.7%減

この記事の要約

ドイツ連邦陸運局(KBA)が4日発表した2012年8月の乗用車新車登録は22万6,455台となり、前年同月に比べ4.7%減少した。1~8月の累計は前年同期比0.6%減の210万8,716台だった。\ 8月の新車登録をメー […]

ドイツ連邦陸運局(KBA)が4日発表した2012年8月の乗用車新車登録は22万6,455台となり、前年同月に比べ4.7%減少した。1~8月の累計は前年同期比0.6%減の210万8,716台だった。

\

8月の新車登録をメーカー別に見ると、ドイツメーカーでは、スマート(22.4%増)、アウディ(19.4%増)、ポルシェ(8.2%増)が好調だった。これに対し、メルセデス・ベンツは0.5%の微減、最大手のフォルクスワーゲン(VW)は1.6%減。また、BMW/MINIは22.8%減、オペルも19.1%減と大きく落ち込んだ。

\

国外メーカーでは、ルノー/ダチアが11.4%減と大幅に落ち込んだものの、1万2,207台で首位を堅持。2位のシュコダは17.9%増の1万1,051台と好調だった。

\

日本勢では、スバル(69.5%増)とホンダ(38.6%増)が大幅に伸びたほか、スズキも12.3%増加した。一方、トヨタ/レクサスは15.6%減、日産/インフィニティは4.0%減となるなど前年実績を下回った。

\

KBAによると、8月の新車登録のうち、電気自動車は247台、ハイブリッド車は1,997台だった。ディーゼル車の割合は全体の47.6%、個人は全体の38.9%を占めた。

\