2014/5/9

総合 – 自動車産業ニュース

英政府、サプライヤー向け基金を設立・従業員の技能向上支援

この記事の要約

英国のハンコック技能企業間外相は4月30日、自動車部品会社の従業員の技能向上を支援するため、2,000万ポンドの基金を設立したと発表した。自動車部品会社は、従業員の技能向上を目的とした研修費用の最高50%に相当する額の補 […]

英国のハンコック技能企業間外相は4月30日、自動車部品会社の従業員の技能向上を支援するため、2,000万ポンドの基金を設立したと発表した。自動車部品会社は、従業員の技能向上を目的とした研修費用の最高50%に相当する額の補助金を受け取ることができる。補助金の第1回公募は、6日から政府のホームページで受け付けを開始する。

英自動車工業会(SMMT)のホーズ会長は、「技能向上への投資は、英国の自動車セクターの今後の成長に不可欠だ。サプライチェーン業界の従業員の能力開発を後押しするこの2,000万ポンドの基金は非常に歓迎すべき取り組みであり、技能研修への投資促進につながるものと期待している」とのコメントを発表した。SMMTでは、ウェビナー(ネット上で行われるWebセミナー)による基金説明会を実施し、企業に公募への参加を呼びかけていく方針だ。