2014/11/28

企業情報 - 自動車メーカー

BMW、i8の増産を検討=ANE紙

この記事の要約

独高級車メーカーのBMWはプラグインハイブリッドスポーツカー「i8」の増産を検討している。販売好調により、納車までにかかる期間が最大18カ月の市場が出てきているためという。BMWのイアン・ロバートソン販売担当取締役が19 […]

独高級車メーカーのBMWはプラグインハイブリッドスポーツカー「i8」の増産を検討している。販売好調により、納車までにかかる期間が最大18カ月の市場が出てきているためという。BMWのイアン・ロバートソン販売担当取締役が19日、ロサンゼルスモーターショー(プレスデー:11月18~20日、一般公開:11月21~30日)で『オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパ(ANE)』紙に明らかにした。

ロバートソン取締役は同紙に対し、納車までの期間は6カ月以内とすべきである、との見解を示し、「いくつかの市場ではウェイティングリストが長くなりすぎており、i8の生産を増やすための対策を検討しなければならない」と語った。「i8」はドイツのライプチヒ工場で生産しており、欧州で6月に、米国では8月に販売を開始した。

ロバートソン取締役はこのほか、ライプチヒ工場で生産している電気自動車「i3」について、1カ月当たり約2,000台を出荷しており、納車までの期間は4~5カ月で安定している、と説明した。i3の10月までの累計出荷台数は1万2,184台で、10月単独では1,985台を出荷したという。

COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |