2014/11/28

企業情報 - 自動車メーカー

ボルボ、モロッコに整備工の養成所開設へ

この記事の要約

スウェーデンの商用車大手ボルボ・グループは11月20日、国連工業開発機関(UNIDO)、米国国際開発庁(USAID)、OCP財団およびモロッコ国家教育省と協力し、モロッコに整備工養成所を開設すると発表した。モロッコのほか […]

スウェーデンの商用車大手ボルボ・グループは11月20日、国連工業開発機関(UNIDO)、米国国際開発庁(USAID)、OCP財団およびモロッコ国家教育省と協力し、モロッコに整備工養成所を開設すると発表した。モロッコのほかコートジボワール、セネガルから年間150人の訓練生を受け入れる。

養成所はシャウイア=ウアルディガ地方セタットにある国立職業訓練学校内に開設され、2015年から養成プログラムを開始する。ボルボ・グループのグスタフソン執行副社長は養成所を開設するメリットについて、「熟練した整備工は失業率が高い国々でも就職のチャンスがある。一方、ボルボはアフリカ事業を拡大する際に必要な訓練を受けた人材を確保することができる」と説明した。

ボルボは昨年、USAIDおよびスウェーデン国際開発公社(SIDA)と協力してアフリカ10カ国にバス、トラック、建設機械のドライバーおよび整備工の養成施設を設立する計画を表明している。

COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |