2015/6/5

欧州自動車短信

Daimler

この記事の要約

独自動車大手のダイムラー は5月28日、南アフリカ東ケープ州のイーストロンドン工場でメルセデス・ベンツの乗用車の累計生産が100万台に達したと発表した。イーストロンドン工場では1958年から、「Cクラス」の4世代すべてを […]

独自動車大手のダイムラー は5月28日、南アフリカ東ケープ州のイーストロンドン工場でメルセデス・ベンツの乗用車の累計生産が100万台に達したと発表した。イーストロンドン工場では1958年から、「Cクラス」の4世代すべてを含む24種類のメルセデス乗用車を生産してきた。記念すべき100万台目の車は、右ハンドルの白い新型「Cクラスセダン」で、同工場では2014年5月からこの第4世代の新型「Cクラス」を生産している。南アのイーストロンドン工場は、独ブレーメン工場、米アラバマ州のタスカルーサ工場、中国の北京工場とならぶ世界4カ所の「Cクラス」生産拠点の一つ。

企業情報 - 自動車メーカー
COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |