2017/2/3

企業情報 - 自動車メーカー

フィンランドのヴァルメット、中国電池メーカーCATLと戦略・資本提携

この記事の要約

フィンランドの自動車受託生産メーカー、ヴァルメット・オートモーティブ(以下、ヴァルメット)は1月30日、中国の電池メーカー、コンテンポラリー・アンペレックス・テクノロジー・リミテッド(寧徳時代新能源科技、CATL)と電気 […]

フィンランドの自動車受託生産メーカー、ヴァルメット・オートモーティブ(以下、ヴァルメット)は1月30日、中国の電池メーカー、コンテンポラリー・アンペレックス・テクノロジー・リミテッド(寧徳時代新能源科技、CATL)と電気自動車事業で戦略・資本提携すると発表した。両社は、電気駆動システムのエンジニアリングサービス、電気自動車およびハイブリッド車用のバッテリーパックの販売などで協力する。

CATLは、ヴァルメットが新規発行する株式の取得により、ヴァルメットに22%を出資する。これにより、ヴァルメットへの出資比率は、不動産・プライベートエクイティ投資会社のPontosが39%、ベンチャーキャピタル・プライベートエクイティ会社のTesiが39%、CATLが22%となる。

CATL(従業員数:1万人超)は、電気自動車および定置用電池向けのリチウムイオン電池を開発・生産・販売している。ヴァルメットとの戦略・資本提携により、電気自動車市場の拡大が予想される欧州に事業基盤を築き、事業拡大を目指す。

ヴァルメット(従業員数:2,500人超)は、自動車の受託生産、コンバーチブル用ルーフシステムの製造、コンサルティングサービスを事業とする。フィンランド、ドイツ、ポーランドに拠点があり、欧州の大手自動車メーカーを顧客に持つ。

COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |