2019/7/26

欧州自動車短信

BMW<自動車短信>

この記事の要約

MINIでは最も出力の高いディーゼルエンジンを搭載した「クーパーSD」と、最新のガソリンエンジンを搭載したエントリーモデル「ワンファースト」の販売を7月から開始する。

「クーパーSD」に搭載するのは2.0 リットル4気筒ターボエンジンで最大出力は125kW/170hp。

「ワンファースト」には1.2リットル3気筒エンジン(出力55 kW/75hp)を導入する。

独自動車大手のBMW

と印タタ・モーターズ傘下の英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)

が内燃エンジンでの協力を検討しているもようだ。独有力誌『シュピーゲル』の電子版(7月19日付)が...