2020/1/10

テクノロジー・トレンド

燃料電池の量産工程に関する研究プロジェクト、独BW州で実施

この記事の要約

ウルムにあるZSWでは、新しい生産設備や試験設備などを導入するため、施設を大幅に拡張する計画で、ウルムに研究工場を整備するため総額で約7,400万ユーロの投資を計画している。

バーデン・ヴュルテンベルク州環境・気候・エネルギー経済省は12月19日、当該プロジェクトに3年間で総額790万ユーロを支援すると発表した。

また、同プロジェクトでは、研究工場の整備のため、バーデン・ヴュルテンベルク州経済省に1,060万ユーロの助成を申請した。

ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州で燃料電池の量産工程に関する研究プロジェクト「HyFab‐バーデン・ヴュルテンベルク‐燃料電池・水素のための研究工場」が実施される。燃料電池の生産自動化や品質...