2020/1/17

一般・技術・その他 (旧)

ドイツで気候保護法が発効

この記事の要約

気候保護法は2019年12月17日の連邦法官報に公示され、翌18日に発効した。

連邦環境庁が毎年、各セクターの排出量に関するデータを算出し、翌年3月に公表する。

さらに、連邦環境庁のデータを独立した専門家委員会が審査し、連邦政府と連邦議会に報告する。

ドイツで2019年12月18日、気候保護法が発効した。2030年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で少なくとも55%削減する目標を法制化した世界初の事例となる。気候保護法は2019年12月...