2022/8/12

企業情報 - 自動車メーカー

商用車大手ボルボ、スウェーデンにバッテリー工場建設へ

この記事の要約

スウェーデンの商用車大手ボルボ・グループは3日、スウェーデンにバッテリーセルの大型工場を建設する計画を進めていると発表した。スカラボリ地域のマリエスタードが候補地となっており、関係当局の認可などを経て用地が確定する予定。 […]

スウェーデンの商用車大手ボルボ・グループは3日、スウェーデンにバッテリーセルの大型工場を建設する計画を進めていると発表した。スカラボリ地域のマリエスタードが候補地となっており、関係当局の認可などを経て用地が確定する予定。バッテリーセル工場の建設は、大型車両や建機などで電動車の需要が高まっていることに対応するための措置。新工場では商用車向けに設計されたバッテリーセルを生産する。生産能力を段階的に拡大し、2030年までに大規模な量産体制を構築する計画。

同社は長期的には、化石燃料を100%使用しない製品を顧客に提供していく方針であり、2030年までに販売製品の少なくとも35%を電動化する目標を掲げている。そのためには、化石燃料を使用しないエネルギーを使って生産した高性能バッテリーが大量に必要になる。バッテリーセル工場の生産により、電気トラック・バス・建機、および、様々なアプリケーション向けの電動ドライブラインの世界的な展開をサポートする。

候補地となっているマリエスタードは、シェブデにある主要パワートレイン工場から近く、同地域の既存の産業・物流インフラを活用できる利点がある。ヨーテボリにあるボルボ・グループの本社および研究開発(R&D)センターからは2時間の近距離にある。