2010/5/14

企業情報 - 自動車メーカー

独アウディ、「A1」の生産開始

この記事の要約

独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー、アウディは11日、ベルギーのブリュッセル工場で小型車「A1」の生産を開始した。今年は5万台を生産し、2011年は約8万台、2012年以降は年10万台の規模に引き上げる。\ […]

独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー、アウディは11日、ベルギーのブリュッセル工場で小型車「A1」の生産を開始した。今年は5万台を生産し、2011年は約8万台、2012年以降は年10万台の規模に引き上げる。

\

A1はアウディのシリーズの中でも最も小型となる新シリーズで、独BMWの小型車ブランドMINIと競合するとみられている。環境意識の高まりを受けて燃費の良い小型車の需要が増える中、アウディはA1の投入により販売を伸ばし、通期で再び100万台の達成を目指す。2009年の販売は約95万台にとどまった。

\

アウディは「A1」の生産に向けて2007年から3億ユーロを投じてベルギー工場を近代化。A1用の新しい生産ラインを導入したほか、車体製造の工場棟は旧棟を取り壊して新たに建設するなどした。

\

ベルギー工場では現在、約2,200人が働いている。メディア報道によると、同工場では今後、パートタイムも含めて約500人を新たに雇用する予定。

\

ベルギーでは米ゼネラルモーターズが独子会社オペルのアントワープ工場(従業員数:約2,500人)の閉鎖を決めていることから、ベルギーのルテルム首相はA1の生産開始について「産業界の暗雲に差し込んだまさに太陽の光」と述べ、アウディの決定に歓迎の意を示している。

\