2010/6/11

企業情報 - 自動車メーカー

VW、中国南部に新工場

この記事の要約

欧州自動車最大手のフォルクスワーゲン(VW)は9日、中国南部の広東省仏山市に新工場を建設すると発表した。同工場の生産能力は年30万台。2010年末にも着工し、2013年半ばから生産を開始する計画。VWのマルティン・ヴィン […]

欧州自動車最大手のフォルクスワーゲン(VW)は9日、中国南部の広東省仏山市に新工場を建設すると発表した。同工場の生産能力は年30万台。2010年末にも着工し、2013年半ばから生産を開始する計画。VWのマルティン・ヴィンターコルン社長は新工場建設の契約に署名する式典で、中国における生産能力を2013~14年に現在の2倍の約300万台に引き上げる計画を明らかにした。

\

VWは中国第一汽車(FAW)および上海汽車(SAIC)との合弁会社を通して中国に9工場を持つ。新工場は10番目の工場となる。FAWとの合弁会社にとっては6番目の工場で、南部に工場を設けるのは初めて。中国では現在、VWブランドのほか、グループブランドのシュコダ、アウディを加えた3ブランドの約20機種を生産している。

\

VWは中国販売の好調を受けて、中国事業に16億ユーロを追加投資する計画を4月に発表した。新モデルの投入や生産能力の拡大に向けて昨秋に発表した44億ユーロと合わせて2012年までに約60億ユーロを投入する計画。VWグループの2010年1~5月の中国市場における販売は約77万8,000台となり、前年同期を約48%も上回った。

\

新工場の敷地面積は170ヘクタールで、プレス、車体製造、塗装、組み立てラインを整備する。2013年から約4,000人の雇用を予定している。投資の約5億2,000万ユーロはFAWとの合弁会社(FAW-VW)のキャッシュフローで賄う。

\

中国では乗用車の保有率がまだ低く潜在需要が大きいうえ、経済成長による都市化により乗用車の需要が増えている。コンサルティング大手のマッキンゼーは2025年までに人口の62%が都市部に住み、都市部世帯の約4分の3が中間層に属するようになると予想している。VWは中国で2013~14年に電気自動車の生産も開始する計画。

\
COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |