2010/6/11

企業情報 - 部品メーカー

独ゲトラグ、リストラ計画で労組合意

この記事の要約

経営が悪化している独トランスミッションメーカーのゲトラクは2日、リストラ計画で金属労組のIGメタルと基本合意したと発表した。2012年まで経営上の理由による解雇を実施しないほか、予定していたルートヴィヒスブルク工場の閉鎖 […]

経営が悪化している独トランスミッションメーカーのゲトラクは2日、リストラ計画で金属労組のIGメタルと基本合意したと発表した。2012年まで経営上の理由による解雇を実施しないほか、予定していたルートヴィヒスブルク工場の閉鎖を中止する。労働側はこの代償として、今年と来年の休暇・クリスマス手当の減額を受け入れた。これにより、3,500万ユーロのコストを削減する。

\

ゲトラグは09年、自動車市場低迷による経営悪化を受けて350人を削減したが、業績の早期回復は見込めないとして今年3月、ルートヴィヒス工場の閉鎖を含めさらに700人を整理する計画を打ち出した。これに対してIGメタルは強く反発し、交渉は難航していたが、3カ月近くにわたる交渉の末、ようやく合意にこぎつけた。今回の協定は労使双方の幹部会の承認を経て正式に発効する予定。

\
COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |