2010/8/27

企業情報 - 自動車メーカー

独高級車メーカー、需要増で夏休みを返上

この記事の要約

景気回復に伴う輸出需要の急回復でドイツの高級車メーカーが増産に追われている。BMWは独国内の2工場で夏休みを1週間に短縮したほか、米スパータンバーグ工場では夏休みを返上して操業している。アウディは休暇中も4モデルを生産す […]

景気回復に伴う輸出需要の急回復でドイツの高級車メーカーが増産に追われている。BMWは独国内の2工場で夏休みを1週間に短縮したほか、米スパータンバーグ工場では夏休みを返上して操業している。アウディは休暇中も4モデルを生産する。また、ダイムラーは土曜日の追加操業で労働側と合意した。独業界紙『アウトモビールボッヘ』が報じた。

\

BMWの広報担当者によると、Xシリーズの全モデルと5シリーズ、7シリーズが「予約で満杯」の状況にある。このため、ドイツのライプチヒ工場とディンゴルフィング工場の夏季操業停止期間を1週間に短縮したほか、「X3」「X5」「X6」を生産する米スパータンバーグでは夏休みを返上した。BMWのノルベルト・ライトホーファー社長は、2010年通期の世界の工場稼働率は90%以上になるとの見通しを明らかにしている。

\

アウディは「A4」「A5」「Q5」「A6」の4モデルを夏季休暇期間中も1シフトで生産しているほか、ブリュッセル工場では2シフト体制で新型「A1」の増産に対応する。さらに、インゴルシュタットの本社工場では9月の2回の土曜日を使って、臨時シフトで「A4」を生産する計画という。

\