2010/12/27

欧州自動車短信

起亜、スロバキア工場で12年から新モデル生産

この記事の要約

韓国の起亜自動車 は2012年に、スロバキアのジリナ工場で新モデルの生産を開始する計画だ。同社のスロバキア法人のIn-Kyu Bea社長が22日、イベタ・ラディツォバー首相との会談後、記者団に明らかにした。ジリナ工場(生 […]

韓国の起亜自動車 は2012年に、スロバキアのジリナ工場で新モデルの生産を開始する計画だ。同社のスロバキア法人のIn-Kyu Bea社長が22日、イベタ・ラディツォバー首相との会談後、記者団に明らかにした。ジリナ工場(生産能力30万台)では現在、起亜「スポーテージ」および現代自動車「ix35」のSUV2モデルと小型車の起亜「シード」を生産している。同工場の2010年1~11月の累計生産は20万7,000台。通期では約22万8,000台が見込まれている。2009年は世界的な経済危機による自動車市場の低迷を受けて同工場の生産は15万20台に落ち込んでいた。

\
COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |