2011/4/8

企業情報 - 自動車メーカー

MAN商用車部門、中古車販売事業が好調

この記事の要約

独商用車大手のMANトラック・アンド・バス(旧MANヌッツファールツォイゲ)は3月28日、中古商用車販売部門(MANトップユーズド)の2010年世界販売が前年実績を6,300台上回る2万台に達したと発表した。景気回復によ […]

独商用車大手のMANトラック・アンド・バス(旧MANヌッツファールツォイゲ)は3月28日、中古商用車販売部門(MANトップユーズド)の2010年世界販売が前年実績を6,300台上回る2万台に達したと発表した。景気回復による商用車の需要回復が追い風となった。同社は今期も引き続き販売が伸び、取引価格も改善すると見込んでいる。

\

MANトップユーズドは欧州・アジアなど25カ国以上で中古トラック・バスやトレーラー(被けん引車)、セミトレーラーを販売している。

\

取り扱うブランドはMANブランド(MAN、ネオプラン)には限らず、メルセデス・ベンツ、スカニアなど他メーカーの車両も販売している。また、オンラインサイトも開設し、12言語で対応している。さらに、アイフォーン向けアプリも提供しており、事業者は出先からでも希望の車両を探すことができる。

\