2012/7/27

クローズアップ

SolarSynFuel

この記事の要約

太陽エネルギーを活用し水素などの燃料を製造する技術を研究することを目的に設立された仮想研究所(バーチャル研究所)。ドイツ航空宇宙研究センター(DLR)がこのほどドイツやスイスの大学と共同で設立した。\ \ DLRは過去に […]

太陽エネルギーを活用し水素などの燃料を製造する技術を研究することを目的に設立された仮想研究所(バーチャル研究所)。ドイツ航空宇宙研究センター(DLR)がこのほどドイツやスイスの大学と共同で設立した。

\

\

DLRは過去に実施した研究プロジェクト「Hydrosol」で熱化学水素製造プロセスにより太陽エネルギーから水素を製造する技術を開発した。「Hydrosol」では化学反応に酸化還元反応を利用しているが、今回のプロジェクトでは、これまでの研究成果を基盤に、より効率の良い酸化還元反応を得るための安定した素材を開発することと、より効率の良い太陽エネルギー反応器を開発することが課題となるという。

\

 

\

同プロジェクトの期間は5年。予算は450万ユーロ。ホルムホルツ協会(HGF)が資金援助している。DLRのほか、ドイツのカールスルーエ工科大学(KIT)、クラウスタール工科大学(TUC)、スイスのチューリヒ工科大学(ETH)が参加している。

\

各研究機関・大学の研究者は、さまざまな素材の試験結果の分析情報を交換するなど相互協力しながらプロジェクトを進めているという。

\
企業情報 - 部品メーカー
COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |