2020/1/10

一般・技術・その他 (旧)

対ロ制裁の6カ月延長を決定、停戦合意の完全履行まで継続

この記事の要約

欧州連合(EU)加盟国は12月19日、ウクライナ情勢を受けて発動したロシアに対する経済制裁の延長を正式決定した。

当初は1年間の期限付きだったが、その後、15年2月に成立した停戦合意をロシアが完全に履行するまで解除しない方針を決め、これまで半年ごとに制裁を延長している。

EUは直後に開いた首脳会議で1月末に期限が迫った対ロ制裁について協議し、パリ合意を踏まえた上で、停戦合意が完全に履行されるまで制裁を継続する方針を確認。

欧州連合(EU)加盟国は12月19日、ウクライナ情勢を受けて発動したロシアに対する経済制裁の延長を正式決定した。ウクライナ東部紛争の解決に向けて進展がみられるものの、停戦合意の完全履行には至って...