2014/5/12

西欧

ドイツテレコムの営業利益縮小、米国での投資が響く

この記事の要約

独通信最大手のドイツテレコムが8日発表した2014年1~3月期(第1四半期)の営業利益は41億2,000万となり、前年同期から3.9%減少した。売上高は8%増の148億9,400万ユーロに伸びたが、米国での投資が利益を圧 […]

独通信最大手のドイツテレコムが8日発表した2014年1~3月期(第1四半期)の営業利益は41億2,000万となり、前年同期から3.9%減少した。売上高は8%増の148億9,400万ユーロに伸びたが、米国での投資が利益を圧迫した。

純利益はポータルサイト「スカウト24」の株式70%売却による特別利益に支えられ、5億6,400万ユーロから18億1,700万ユーロに拡大した。