2014/7/28

西欧

ダノン、上期は37%減益

この記事の要約

仏食品・乳業大手ダノンが24日発表した2014年6月中間決算の純利益は6億800万ユーロとなり、前年同期から37%減少した。減収となったほか、前年同期に多額の株式売却益を計上した反動が出た。 売上高は5.3%減の104億 […]

仏食品・乳業大手ダノンが24日発表した2014年6月中間決算の純利益は6億800万ユーロとなり、前年同期から37%減少した。減収となったほか、前年同期に多額の株式売却益を計上した反動が出た。

売上高は5.3%減の104億6,700万ユーロ。ニュージーランド乳業大手フォンテラの粉ミルクの細菌検出を受けて、同社から仕入れた粉ミルクのリコールを迫られたことや、アルゼンチン、ロシアなど新興市場の通貨安による売上高の目減り、再編による事業基盤縮小で減収となった。こうした要因を除くと2.2%の増収だった。