2019/12/2

東欧・ロシア・その他

露ズベルバンクがソフト大手と合弁、無人制御技術開発で

この記事の要約

ロシア最大手銀行の国営ズベルバンクは11月28日、ソフトウェア開発大手コグニティブ・テクノロジーズ(CT)と人工知能(AI)を活用した無人制御技術の開発で協力すると発表した。

合弁会社「コグニティブ・パイロット」を設立し、主に輸送、農業、コンピュータービジョン(コンピューターによる画像認識技術)、AIの各分野でデジタル経済の活性化につながるプロジェクトを手がけていく。

ズベルバンクはロシアにおけるデジタル経済分野への進出を強化している。

ロシア最大手銀行の国営ズベルバンクは11月28日、ソフトウェア開発大手コグニティブ・テクノロジーズ(CT)と人工知能(AI)を活用した無人制御技術の開発で協力すると発表した。デジタル経済への関与...