2019/12/16

EU情報

世界最年少の現職首相、フィンランドで誕生

この記事の要約

辞任したリンネ首相の後任として、5党による連立政権を率いる。

これを受けて第1党の社会民主党は8日、マリン氏を新首相に指名。

首相就任時の年齢はオーストリアのクルツ首相が31歳で世界最年少だが、現職としてはマリン氏がウクライナのホンチャルク首相(35)を抜き、最も若い首相となる。

フィンランド議会は10日、新首相に女性のサンナ・マリン運輸・通信相(34)を選出した。マリン氏は現職首相では世界最年少。辞任したリンネ首相の後任として、5党による連立政権を率いる。

同国では国営郵...