2020/2/24

EU情報

フェイスブックの対応「不十分」、欧州委が有害情報対策の強化要請

この記事の要約

フェイスブックは同日公表した「未来への展望:オンラインコンテンツ規制」と題する提案書で、違法・有害情報対策ではグローバルな政策が必要で、情報の「媒体」にすぎないインターネット企業にプラットフォーム上のコンテンツに対する責任を負わせた場合、言論の自由が制限される恐れがあると指摘。

「欧州で展開するプラットフォームが欧州委の求める条件を尊重しないのであれば、より厳格な方法で介入しなければならない」と警告した。

また、ヨウロヴァ副委員長(価値・透明性担当)は「フェイスブックはすべての責任から逃れられない。有害なコンテンツを排除するための取り組みをさらに強化してもらいたい」と述べた。

欧州委員会の複数の委員が17日、ブリュッセルで米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)と相次ぎ会談した。交流サイト(SNS)や検索サイトを運営するデジタルプラットフォーマ...