2020/2/24

EU情報

航空旅客の情報共有で日本と交渉へ、欧州委に交渉権限付与

この記事の要約

「乗客予約記録(PNR)」をテロや国境を越えた重大犯罪の防止や捜査に役立てるため、個人情報保護と基本的人権を尊重しながら、日本・EU間でデータ共有を可能にする法的枠組みを構築する。

EUはテロ対策の一環として、2012年に米国との間でPNRの提供に関する協定を結んだものの、加盟国間でデータを共有するシステムは整備されていなかったが、15年のパリ同時テロなどを受け、16年に各国当局がPNRを共有する制度を導入した。

EU議長国クロアチアのボジノビッチ副首相兼内務省は「日本はテロや重大犯罪との戦いにおいて緊密なパートナーだ。PNRデータを活用してセキュリティを強化すると同時に、市民の基本的な権利を強力に保護することで、EUと日本のパートナーシップをさらに発展させることができる」と強調した。

EUは18日開いた財務相理事会で、日本との間で航空旅客の情報を共有するための協定の締結に向け、欧州委員会に交渉権限を付与することを決定した。「乗客予約記録(PNR)」をテロや国境を越えた重大犯罪...