2010/3/24

ロシア

ズベルバンク、09年純利益は75%減

この記事の要約

ロシア銀行最大手で国営のズベルバンクが18日発表した2009年通期決算の純利益は243億9,600万ルーブルとなり、前年から75%減少した。貸し倒れ引当金が前年の4倍に膨れ上がったことが大きく響いた。\ 期末時点の融資総 […]

ロシア銀行最大手で国営のズベルバンクが18日発表した2009年通期決算の純利益は243億9,600万ルーブルとなり、前年から75%減少した。貸し倒れ引当金が前年の4倍に膨れ上がったことが大きく響いた。

\

期末時点の融資総額に占める不良債権比率は8.5%と、9月末の7.9%から上昇した。ただ、年初の同比率は1.8%で、不良債権の増加ペースは鈍化。10-12月の引当金計上額は7-9月に比べ、約20%減少した。期末の融資総額に占める引当率は10.7%に達している。

\

法人向け融資残高は6.1%増の4兆2,663億ルーブル、個人向けは6.6%減の1兆1,775億ルーブルとなった。従業員数は09年を通じて約2万人削減し、人件費を3.3%縮小させた。自己資本比率は18.1%と高水準を保った。(1RUB=3.1JPY)

\