2010/5/26

CIS諸国

ウズベキスタン、国内初の風力発電所を計画

この記事の要約

ウズベキスタンの国営電力会社Uzbekenergoは韓国のエンジニアリング企業Doojinと提携して、国内初の風力発電所の建設を計画している。現地のオンラインニュース『UzDaily.uz』がこのほど報じた。\ 風力発電 […]

ウズベキスタンの国営電力会社Uzbekenergoは韓国のエンジニアリング企業Doojinと提携して、国内初の風力発電所の建設を計画している。現地のオンラインニュース『UzDaily.uz』がこのほど報じた。

\

風力発電所は首都のあるタシュケント州に建設される予定。発電能力は750メガワット、発電量は年230万キロワット時になる。Uzbekenergoはすでに、建設予定地の標高40メートルの土地に風力測定器を設置しており、平均で秒速4.3メートルの風速を観測しているという。

\

Uzbekenergoはさらに、平均風速が秒速4メートル以上の土地を対象に、タシュケント州、ナヴァーイー州、ブハラ州、カシュカダリヤ州、カラカルパクスタン自治共和国でも風力発電所の建設を検討している。

\