2011/9/14

ハンガリー

米サムソナイト、ハンガリー工場を拡張

この記事の要約

米スーツケース製造大手のサムソナイトがハンガリー南部セクサールドにある工場の拡張、近代化を進めている。総投資額は15億フォリント以上。拡張・近代化に7億6,500万フォリント、加工機械2台の購入に7億8,000万フォリン […]

米スーツケース製造大手のサムソナイトがハンガリー南部セクサールドにある工場の拡張、近代化を進めている。総投資額は15億フォリント以上。拡張・近代化に7億6,500万フォリント、加工機械2台の購入に7億8,000万フォリントを投じる。拡張・近代化向け資金のうち3億600フォリントは、ハンガリー政府が競争力強化と雇用創出を目的に今年1月に立ち上げた支援枠組みを通して助成する。

\

サムソナイトのハンガリー子会社によると、今回の工場拡張は世界的な需要増に対応したもので、生産面積を1,800平方メートル拡張するほか、4,000平方メートルの倉庫を新設する。また、既存の生産・オフィススペース(8,788平方メートル)を近代化する。工事は10月末までに完了する予定だ。

\

セクサールド工場では、2008年に9万1,000個、10年には42万個のスーツケースを生産した。工場拡張後は、従業員数を150人増の365人に増やし、年産数を57万2,000個に拡大する。

\

ハンガリー子会社は今年の売上高について、09年の48億フォリントから倍増すると見込んでいる。10年は78億フォリントだった。

\