2011/12/21

ルーマニア・ブルガリア・その他南東欧・トルコ

ルーマニア、トルコと戦略協定締結

この記事の要約

ルーマニアのバセスク大統領は12日、初めてトルコを公式訪問し、首都アンカラで同国のギュル大統領と会談。両首脳は会談後、経済や外交・軍事面での協力に向けた戦略パートナーシップ協定に調印した。\ バセスク大統領は記者会見で、 […]

ルーマニアのバセスク大統領は12日、初めてトルコを公式訪問し、首都アンカラで同国のギュル大統領と会談。両首脳は会談後、経済や外交・軍事面での協力に向けた戦略パートナーシップ協定に調印した。

\

バセスク大統領は記者会見で、「我々は外交政策や安全保障政策、とりわけテロとの戦いにおいて協力するとともに、経済協力を強化することで合意した」と述べ、ギュル大統領は、「協定は両国の関係と協力の真の発展に導くものだ」と語った。ルーマニアとトルコの貿易額は2011年1-9月期の両国の貿易額は35億ユーロだったが、将来的には年間100億ユーロ規模に引き上げることを目指している。

\

バセクス大統領はまた、トルコの欧州連合(EU)加盟を「無条件で」支持すると表明。「トルコは人口規模が大きく、ダイナミックに成長する若い国であり、伝統的な欧州を再び活性化することに貢献してくれると信じている」と期待感を示した。

\