欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2010/6/30

経済産業情報

企業の出張が1割減に コスト削減は今年も

この記事の要約

ドイツ企業の大半が昨年、経済危機を理由に出張経費を削減した。独トラベルマネジメント協会(VDR)によると、昨年の出張件数は前年比11%減の1億4,500万件に後退。出張費も12%減の411億ユーロに縮小した。VDRが企業 […]

ドイツ企業の大半が昨年、経済危機を理由に出張経費を削減した。独トラベルマネジメント協会(VDR)によると、昨年の出張件数は前年比11%減の1億4,500万件に後退。出張費も12%減の411億ユーロに縮小した。VDRが企業を対象に実施したアンケート調査では、80%以上が出張件数を、50%が同予算を減らしたと回答。60%は今後も節約を続けるとしており、景気回復で出張件数が増加しても、コスト削減傾向は続く見通しだ。

\

企業は主に航空機のクラスやホテルのレベルを下げることで、出張経費を圧縮した。欧州内の出張でエコノミークラスのフライトを利用する割合は、8年前の56%から95%へと上昇。欧州外への出張でもエコノミー利用率が62%に上った。

\

出張に鉄道を利用するケースも増える傾向にあり、今年1-5月期の企業の鉄道向け支出は前年同期から10%増加した。格安航空会社のエアベルリンや、Motel One、Ibisなどのシティホテルチェーンも出張費節約の恩恵を受けた。

\

VDRによると、IT技術の進歩でインターネットやビデオ会議などを利用した意思疎通が可能になったことも、出張件数減少の一因という。ソフトウエア大手SAPではすでに、顧客と会う目的以外の出張を全て廃止している。

\