欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2015/11/4

企業情報

イモフィナンツ―物流不動産を売却―

この記事の要約

欧州不動産大手の墺イモフィナンツ(ウィーン)は2日、保有する物流不動産を米投資会社ブラックストーンに売却すると発表した。事業を絞り込む方針に沿った措置で、物流不動産事業からは撤退する。売却手続きは独禁当局の審査を経て来年 […]

欧州不動産大手の墺イモフィナンツ(ウィーン)は2日、保有する物流不動産を米投資会社ブラックストーンに売却すると発表した。事業を絞り込む方針に沿った措置で、物流不動産事業からは撤退する。売却手続きは独禁当局の審査を経て来年第1四半期に終了する見通し。

中・東欧の物流不動産36件と、建設中の物件3件を5億ユーロ強で譲渡する。36件のうち3分の2に当たる24件をドイツが占め、これにハンガリー(5件)、ルーマニア(3件)、ポーランド(2件)、スロバキア(1件)、ロシア(1件)が続く。建設中の物件は独ハンブルクとブダペスト(ハンガリー)、プロイェシュティ(ハンガリー)の3件。

イモフィナンツは赤字転落とロシア市場の悪化を受けて、経営資源を中欧のオフィス・店舗不動産に絞り込む方針を3カ月前に打ち出した。特にドイツ事業を強化する方針だ。