欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2015/11/18

企業情報

IHI―熱処理受託加工の独VTNを買収―

この記事の要約

IHIは13日、総合的な熱処理受託サービスを手がける独VTNの資本を投資会社BPEウンターネーメンスベタイリグンゲン(BPE Unternehmensbeteiligungen)などから取得し完全子会社化すると発表した。 […]

IHIは13日、総合的な熱処理受託サービスを手がける独VTNの資本を投資会社BPEウンターネーメンスベタイリグンゲン(BPE Unternehmensbeteiligungen)などから取得し完全子会社化すると発表した。顧客企業向けの提案力を強化する狙い。取引金額は明らかにしていない。買収手続きは独禁当局の承認を経て終了する。

熱処理は金属・非金属部品などに熱を加えた後に冷やすことによって金属の組織を変え、製品の強度などを高める技術。金属や非金属などの材料に求められる機能の多様化・高度化に伴い、産業機械・自動車・航空分野などの部品を中心に利用拡大が見込まれている。

VTNはルール工業地帯のヴィッテンに本社を置く企業で、ドイツ国内に計5カ所の拠点を持つ。売上高は約3,000万ユーロ。

IHIグループは100%子会社IHI機械システムを通して真空炉・真空浸炭炉といった真空熱処理装置を製造・販売している。2008年には表面処理装置の製造・販売を行う蘭ハウザー、12年にも表面処理受託サービスを行うスイスのイオンボンドを子会社化。世界各地の顧客に熱・表面処理技術を提供してきた。今回の買収によりVTNのプロセスエンジニアリング、サービスネットワークと、IMSの装置デザインエンジニアリングを一体化し、装置と熱処理プロセスの提案力を強化する。