欧州経済の中心地ドイツに特化した
最新の経済・産業ニュース・企業情報をお届け!

2020/2/12

企業情報

オペル―「車載電池セルを他社にも提供」=社長―

この記事の要約

PSAとオペルは、エネルギー大手の仏トタル、およびトタルの電池子会社サフトと合弁会社オートモティブ・セル・カンパニー(ACC)を設立し、セルを生産する。

カイザースラウターン工場では23年から、生産ブロック計3つを段階的に建設していき、24年から生産を開始する。

合計は24GWhに上り、ドイツ国内で計画されているセル工場のなかでは現在最大だ。

仏自動車大手PSAの独子会社オペル(リュッセルスハイム)は同社が生産予定の車載電池セルを他の企業にも提供する考えだ。ミヒャエル・ローシェラー社長が7日、明らかにしたもので、「(セル製造の)さらな...