2012/6/1

一般・技術・その他 (旧)

仏アルトラン、スペインに研究拠点開設

この記事の要約

技術開発コンサルティング大手の仏アルトランはこのほど、スペインのバルセロナに自動車技術の研究拠点「アルトラン・エクセレンスセンター・フォー・ニュー・オートモーティブ・テクノロジーズ」を開設したと発表した。\ 新センターに […]

技術開発コンサルティング大手の仏アルトランはこのほど、スペインのバルセロナに自動車技術の研究拠点「アルトラン・エクセレンスセンター・フォー・ニュー・オートモーティブ・テクノロジーズ」を開設したと発表した。

\

新センターには電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)関連の研究開発業務を集約する。スタッフは今後5年間で200人に増やす予定だ。アルトランのデ・カルロ執行役員は、「自動車産業は劇的な変容の最中にある。アルトランは自動車産業のイノベーション・パートナーとして、未来の自動車に関連したモビリティーの根本的問題に取り組んでいく」と語った。

\

アルトランは新センターの開所式後、国際コンソーシアムのキメラ(Quimera)と共同開発した電気ドリフトカー(AEDC)のデモ走行を行った。ドリフト競技向けに設計された同車は、0~60mph(マイル毎時)加速が3.2秒とスーパーカー並みの性能を誇る。アルトランとキメラはEVレーシングカーも開発中で、来年からレースへの参戦を目指している。

\
企業情報 - 部品メーカー
COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |