2012/8/10

欧州自動車短信

カッセル大学、アルミニウム鋼板の溶接亀裂を防ぐ技術を研究

この記事の要約

カッセル大学の研究チームは、アルミニウム鋼板の溶接で発生する亀裂を防ぐ技術の研究プロジェクト「InduWaels」を実施する。同プロジェクトはドイツ溶接協会(DVS)の支援を受けている。アルミニウム合金の溶接では、合金に […]

カッセル大学の研究チームは、アルミニウム鋼板の溶接で発生する亀裂を防ぐ技術の研究プロジェクト「InduWaels」を実施する。同プロジェクトはドイツ溶接協会(DVS)の支援を受けている。アルミニウム合金の溶接では、合金に含まれる要素によって溶けた後に固まる温度が異なるため、亀裂が発生する。亀裂が発生すると溶接の強度が弱くなる。研究チームは、誘導加熱とレーザービームの組み合わせにより同問題に対応する。電流を利用した誘導加熱により、溶接する前にアルミニウムを温め、膨張させることにより、圧力を発生させ、亀裂を防止することができるという。

\