2014/8/22

欧州自動車短信

ティッセンクルップの収益改善、4~6月期に黒字転換

この記事の要約

独鉄鋼最大手のティッセンクルップ が14日発表した2014年4~6月期(第3四半期)決算の最終損益は4,000万ユーロの黒字となり、前年同期の赤字(3億9,800万ユーロ)から改善した。同社は赤字が続いていたが、合理化効 […]

独鉄鋼最大手のティッセンクルップ が14日発表した2014年4~6月期(第3四半期)決算の最終損益は4,000万ユーロの黒字となり、前年同期の赤字(3億9,800万ユーロ)から改善した。同社は赤字が続いていたが、合理化効果で米国部門が黒字に転じるなどして収益が拡大した。売上高は8%増の107億4,200万ユーロ。営業利益は3倍近い3億9,800万ユーロに達した。同社は通期で3年ぶりの黒字になると見込んでいる。