2014/12/5

企業情報 - 部品メーカー

GKN、英バス大手ADLに「ジロドライブ」を供給

この記事の要約

英自動車部品大手のGKNは11月24日、英バス大手のアレクサンダー・デニス(ADL)にバス250台分の電気式フライホイールシステム「ジロドライブ」を供給すると発表した。 ADLは当初、「ジロドライブ」を搭載したバスをロン […]

英自動車部品大手のGKNは11月24日、英バス大手のアレクサンダー・デニス(ADL)にバス250台分の電気式フライホイールシステム「ジロドライブ」を供給すると発表した。

ADLは当初、「ジロドライブ」を搭載したバスをロンドンとオックスフォードに投入し、今後2年以内に英国全域に採用を広げる方針を示している。両社は国外市場向けの技術開発でも協力する。

ジロドライブはカーボンファイバー製の高速フライホイールを利用してバスが減速する時のブレーキエネルギーを貯蔵し、加速時にはそのエネルギーを放出する。ジロドライブの採用により燃費が向上するうえ、バッテリー式のハイブリッド技術に比べコスト面ではるかに有利であるという。また、トラムや建機、農機向けのジロドライブの開発も進めているという。

ジロドライブは、GKNが英F1レーシングチームのウィリアムズ・グランプリ・エンジニアリング(ウィリアムズF1)から買収したGKNハイブリッドパワー(旧ウィリアムズ・ハイブリッドパワー)が開発・生産している。

COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |