2015/2/6

企業情報 - 部品メーカー

ダイキン工業、欧州の冷媒事業に本格参入へ

この記事の要約

ダイキン工業(大阪府大阪市)は2月2日、ベルギーの化学大手ソルベイから欧州における冷媒事業を買収すると発表した。ソルベイがドイツのフランクフルトにある拠点で展開する特殊化学部門の事業すべてが取引の対象になる。ダイキン工業 […]

ダイキン工業(大阪府大阪市)は2月2日、ベルギーの化学大手ソルベイから欧州における冷媒事業を買収すると発表した。ソルベイがドイツのフランクフルトにある拠点で展開する特殊化学部門の事業すべてが取引の対象になる。ダイキン工業はこれにより欧州で冷媒の生産が可能になる。自動車向けの冷媒事業を強化するとともに、これまで欧州自動車メーカーに供給してきたターボチャージャー用材料などの自動車向けフッ素材料事業も強化していく方針を示している。

ソルベイはフランクフルトの拠点で自動車向けを中心とする冷媒の製造・販売のほか、製薬業界向けの推進剤事業も展開している。従業員数は約80人で、2013年の売上高は5,300万ユーロだった。今回の取引は、ドイツやオーストリアの当局の認可などを経て成立する。

ソルベイは2013年にライフサイエンス事業から撤退するなど特殊化学部門の事業ポートフォリオの見直しを進めており、今回の事業売却も同取り組みの一環に位置付けられる。今後はフッ素製品や高純度化学品の分野に注力する方針を示している。

企業情報 - 部品メーカー
COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |