2015/2/20

一般・技術・その他 (旧)

DHL、ブリュッセル空港拠点に1.1億ユーロ投資

この記事の要約

独郵便事業・物流大手ドイツポストDHLは12日、ベルギー・ブリュッセル空港の拠点に1億1,400万ユーロを投じて拡張すると発表した。国際宅配需要の拡大に対応するため、処理能力を強化する。 新たに面積3万1,500平方メー […]

独郵便事業・物流大手ドイツポストDHLは12日、ベルギー・ブリュッセル空港の拠点に1億1,400万ユーロを投じて拡張すると発表した。国際宅配需要の拡大に対応するため、処理能力を強化する。

新たに面積3万1,500平方メートルの集配センターと同5,000平方メートルのオフィスビルを建設。小包の処理能力を現行の1時間当たり1万2,000個から3万9,500個に引き上げる。拠点拡張に伴い、2020年までに200人を新たに雇用する。

DHLは1985年にブリュッセル拠点を設立した。同拠点は過去5年間、2ケタの成長が続いておりほぼフル稼働状態となっているため、拡張が必要だと判断した。同社は現在、ベルギーで4,000人強の従業員を抱えており、うち空港拠点は1,000人となっている。

DHLの国際宅急便部門であるDHLエクスプレスは欧州でトップシェアを誇り、2011~13年の売上は年5%の成長を達成している。好調な需要を受けて拠点の拡充に乗り出しており、英国で2億ユーロ、ドイツ・ライプツィヒで1億5,000万ユーロの投資を計画しているほか、フリート(保有旅客機)近代化も進める方針だ。

COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |