2015/10/30

総合 – 自動車産業ニュース

英乗用車生産、9月は15.5%増

この記事の要約

英自動車工業会(SMMT)が10月22日発表した2015年9月の国内自動車生産統計によると、乗用車の生産は前年同月比15.5%増の15万8,281台に拡大した。国内向け(20.1%増)、輸出向け(13.9%増)のいずれも […]

英自動車工業会(SMMT)が10月22日発表した2015年9月の国内自動車生産統計によると、乗用車の生産は前年同月比15.5%増の15万8,281台に拡大した。国内向け(20.1%増)、輸出向け(13.9%増)のいずれも好調だった。1~9月の累計は、前年同期比3.3%増の116万9,408台となった。

SMMTはこのほど発表したレポートの中で、英国の乗用車生産が2020年までに、現在の年約150万台から年200万台に拡大すると予想している。

■ 9月の商用車生産、103.6%増加

商用車生産は、9月が前年同月比103.6%増の9,811 台と、2倍以上に増加した。新モデルの生産が本格化したことや、国内市場の好調と欧州市場の回復が増加に寄与している。9月は国内向けの生産が前年同月比94.3%増の4,900台、輸出向けも前年同期比113.9%増の4,911台といずれも大幅な伸びを示した。

エンジン生産は、9月が前年同月比6.5%増の22万4,917基。輸出向けが18.4%増の14万6,092基と好調で、SMMTでは今年末までエンジンの増産傾向が続くと見込んでいる。国内向けは10.2%減の7万8,825基にとどまった。1~9月の累計は前年同期比1.9%減の178万7,420基だった。

COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |