FBC

ログイン Menu

独コンチネンタル、タンポポを原料にしたタイヤの研究実験施設を着工

2017年11月17日発行 No.619号

独自動車部品大手のコンチネンタルは13日、ドイツ北東部にあるメクレンブルク=フォアポンメルン州のアンクラムで、ロシアタンポポの根から抽出した天然ゴムを原料に使用してタイヤを生産するための研究実験...

この記事は自動車産業ニュースオンライン有料会員向けです。
閲覧するにはログインしてください。
▲このページのトップへ