2020/1/24

企業情報 - 自動車メーカー

ダイムラーのトラック部門、「eエコニック」を開発

この記事の要約

「eエコニック」は、2021年に量産を開始するメルセデスベンツの大型EVトラック「eアクトロス」をベースにしている。

さらに、「eエコニック」は、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しないエミッションフリーの走行が可能で、走行音も静かなため、市街地でのごみ収集作業での使用に適している。

この取り組みを加速するため、ダイムラーの商用車部門では、技術や車両アーキテクチャの共通化を進めており、「eエコニック」では「eアクトロス」をベースにしている。

独自動車大手のダイムラーは1月16日、商用車部門ダイムラー・トラックス&バスズが純粋な電気駆動の低床式トラック、メルセデスベンツ「eエコニック(eEconic)」を開発していると発表した。「eエ...