2020/11/13

企業情報 - 自動車メーカー

BMW「iネクスト」、モデル名「iX」で量産化

この記事の要約

独自動車大手のBMWは11日、これまで「アイ・ネクスト(iNEXT)」として試作車などを紹介してきたコンセプトカーをモデル名「iX」として2021年末に発売すると発表した。当該モデルは2021年後半から、ドイツのディンゴ […]

独自動車大手のBMWは11日、これまで「アイ・ネクスト(iNEXT)」として試作車などを紹介してきたコンセプトカーをモデル名「iX」として2021年末に発売すると発表した。当該モデルは2021年後半から、ドイツのディンゴルフィング工場で生産を開始する。

「iX」は、初めから純粋な電気自動車として設計したスポーツアクティビティビークル(SAV)で、モジュール式の新しいツールキットを基盤とする。デザイン、持続可能性、運転の歓び、多様性、高級感(ラグジュアリー)を新しく解釈したという。

「iX」は、第5世代の駆動装置「eドライブ」を搭載する。電気モーター2基を装備しており、最大出力は370kW(500PS)超、時速0~100キロメートルの加速性能は5.0秒以下となっている。走行100キロメートル当たりの電力消費は21kWh以下(WLTPモード)。1回のフル充電での航続距離は600キロメートルを超える。

直流の急速充電器(最大出力200kW)を使用すれば、40分以内で充電容量を10%から80%に引き上げることができる。また、10分間の充電で120キロメートル以上を走行することができる。ウォールボックス(11kW)を使用した場合、容量0%の状態からから11時間以内でフル充電することができる。

「iX」は、第5世代移動通信システム(5G)に対応しており、データ処理能力は従来モデルの20倍という。

外観は、全長と幅がBMW「X5」、高さは「X6」、タイヤの大きさは「X7」に近い。空気抵抗係数(Cw)を0.25に抑えている。