2021/10/8

企業情報 - 自動車メーカー

ボルボ・トラックス、電気トラック100台受注

この記事の要約

スウェーデンのトラック大手ボルボ・トラックスは10月6日、デンマークの海運・物流大手DFDSから電気トラック「FMエレクトリック」100台を受注したと発表した。ボルボにとっては過去最大の商用受注となる。納車は、2022年 […]

スウェーデンのトラック大手ボルボ・トラックスは10月6日、デンマークの海運・物流大手DFDSから電気トラック「FMエレクトリック」100台を受注したと発表した。ボルボにとっては過去最大の商用受注となる。納車は、2022年第4四半期に開始し、2023年に終える予定。DFDSは「FMエレクトリック」を欧州における短距離および長距離の輸送業務に投入する。

「FMエレクトリック」は総重量が44トン、航続距離は最大300キロメートル。各トラックには交流(AC)充電器が装備されており、夜間に車庫で充電することができる。稼働中には、直流(DC)の急速充電器で短時間で充電することもできる。

ボルボ・トラックスは2019年に電気トラックの量産を開始した。現在は、北米で販売する「VNR」を含め電気トラック6モデルをラインアップしている。

DFDS(本社:コペンハーゲン)は、欧州および周辺地域でフェリーや輸送サービスを提供している。売上高は190億デンマーククローネ、従業員数は約1万人。世界20カ国以上に拠点を持つ。