2022/7/8

企業情報 - 自動車メーカー

ボルボ・カーズ、スロバキア東部にBEV工場建設

この記事の要約

スウェーデン乗用車大手のボルボ・カーズは1日、スロバキア東部のコシツェ近郊に新工場を建設すると発表した。欧州では3カ所目の工場で、今後の需要拡大が見込まれる電気自動車(BEV)のみを生産する工場とする。投資は約12億ユー […]

スウェーデン乗用車大手のボルボ・カーズは1日、スロバキア東部のコシツェ近郊に新工場を建設すると発表した。欧州では3カ所目の工場で、今後の需要拡大が見込まれる電気自動車(BEV)のみを生産する工場とする。投資は約12億ユーロ。生産能力は年25万台で、将来工場を拡張することもできる。2023年に着工し、2026年に量産を開始する計画。

ボルボ・カーズが欧州に新工場を建設するのは約60年ぶりとなる。1964年に開設したスウェーデンのトーシュランダ工場、翌年に開設したベルギーのヘント工場に次ぐ3カ所目の工場となる。既存の欧州2工場の生産能力は計60万台となっている。

新工場は2023年に建設を開始し、2024年中に生産設備や生産ラインを整備する予定。2026年に次世代の純粋な電気自動車の量産を開始する計画。

スロバキアにはすでに4カ所の自動車工場があり、サプライチェーンが構築されている利点がある。欧州における物流アクセスも良い。スロバキア政府の支援も建設用地決定の決め手となった。

ボルボ・カーズは、2030年までに完全な電気自動車メーカーとなり、2040年までに企業として気候中立を達成する目標を掲げる。生産においては2025年までに気候中立を目指しており、新工場も気候中立のエネルギーを使用する高効率の持続可能な工場とする計画。

一般・その他
COMPANY |
CATEGORY |
KEYWORDS |