2010/3/12

企業情報 - 自動車メーカー

VW子会社、ロシア向けモデル生産

この記事の要約

独フォルクスワーゲン(VW)のロシア子会社VW Group Rusは、モスクワの南西170キロメートルにあるカルーガ工場でロシア市場向けの低価格車を新たに生産する。同子会社のDirtmar Korzekwa社長が現地紙『 […]

独フォルクスワーゲン(VW)のロシア子会社VW Group Rusは、モスクワの南西170キロメートルにあるカルーガ工場でロシア市場向けの低価格車を新たに生産する。同子会社のDirtmar Korzekwa社長が現地紙『RIAノーボスチ』に明らかにした。今夏にも販売を開始し、販売拡大のけん引役になることを期待しているという。

\

このモデルは小型車「ポロ」の廉価版。車体はすべてカルーガ工場で生産するほか、部品も4割をロシア国内で調達し、生産コストを抑制する。Korzekwa社長は、販売価格をユーロ換算で1万1,000ユーロ程度に設定するとの考えを示した。

\

同社長によると、VWは昨年、ロシア製VW車を4万8,500台販売した。今年はこの低価格車の投入などでさらに上積みが期待できるという。ただ、ロシアの自動車販売市場は今年も低迷しており、08年の市場規模(280万台)に回復するのは2014年以降になると予想している。

\